あなたにしかできない仕事で、お客様を幸せに導く

menu

女性の本来の強みを引き出す ビジネス・プロデュース

【ダイヤモンドプロダクト】みなさんの「人生のストーリー」を俯瞰する、シンプルな方法

みなさん、こんにちは!

起業家の内なる“gift”から
お客さまにとっての“価値”を生み出す
“愛”ある「事業構築」と、

世界でたった1つの
「オリジナル商品」づくりを徹底サポート!

自分ならではの“最高価値”を生み出し続けたい
女性起業家のための
【ダイヤモンドプロダクト】開発プランナー

おのともこ です。

いつもこのブログを、
お読みいただいていることに、
心より感謝しております^^

ありがとうございます!

【ダイヤモンドプロダクト】
開発フローについては、
こちらにまとめてありますので、
良かったらご参照くださいね^^

ダイヤモンドプロダクト開発フロー
(前半)
http://onotomoko.jp/archives/2037

(後半)
http://onotomoko.jp/archives/2097

昨日は、
私がセッションの中で
一番力を入れている、

=====

その方の「人生のストーリー」を
引き出すことの大切さ

=====

について、
お伝えしてきました。

事業主として独立し、
ビジネスを立ち上げて
じっくり育てていくうえで、

自分がどうしても伝えていきたいこと、
人生をかけて成し遂げていきたいこと、
つくり出していきたい理想の世界、

ひいてはこの人生を生きる目的や使命
といったものが明確になっていると、
事業に「魂」が吹き込まれ、

それが、未来のお客様に
伝わっていくと思うのです。

そしてそれは、
その方の辿ってきた
人生の道のりを振り返るだけでなく、

そこから何を感じ、何を得てきたのか?

そして、それをふまえて
今後どう活かしていきたいか?ということを
自分の中でしっかりと落とし込み、

“自分の言葉”で人に語れることが
一番大切だと、私は思っています。

つまり、人生の中で
これまでに経験・体験してきた出来事が、
自分にとってはどんな意味をもたらすもの
であったのか?

という、
自分なりの“解釈”や
“意味付け”ができていることが、
とても重要だと思うんですよね。

そしてそのためには、
みなさん自身が自分の人生を
1篇の「ストーリー」として
俯瞰できていることが、必要になってきます。

じゃあ、どうやったら
自分の人生を俯瞰して見れるの?
というのが気になりますよね?!

そのためにおすすめな1つの方法が、
「人生曲線」を描くということです。

やり方はとっても簡単!

真っ白な紙に
1つの大きなグラフを書く要領で、
縦軸は感情の(+)と(−)の振り幅、
横軸は年齢を記入できるようにします。

そこに、
自分の主観で構わないので、

何歳くらいのどんな時に
どんな感情を味わっていたかを
曲線で表現していくのです。

人生上り調子!と感じている時は、
(+)に振れるはずですし、
逆になんだかうまくいかない、しんどい・・・
という時には(−)に振れているはずです。

そして、
特にその振り幅が大きい
山や谷になっているところについて、

人生のライフイベントや
印象に残っている出来事を手掛かりに、

なぜその感情を味わっていたんだろう?
とか、

その経験は自分にとって
どんな意味をもたらすものだったんだろう?
など、

掘り下げて考えていくと
気づくことがたくさんあるはずです。

とても単純な作業ではあるのですが、
この「人生曲線」を描いてみることの
最大の利点は、

「自分の“人生”を
自分の“存在”と一旦切り離し、
俯瞰してみることができる」

ということにあると思います。

日々直面する出来事や
それに関連して味わう感情に
どっぷり入り込んでいると、

自分の人生を客観的に見てみることは
なかなか難しいんですよね^^;

(私もそういう時があるので、
よくわかります!)

だからこそ
視覚的に描くことで、
「人生」と「自分」を切り離してみる。

そうすることで、
思いがけない気づきがあると思いますよ^^

みなさんも、ぜひ一度
試してみてください!

自分一人でワークするだけでも
すごく意味があると思いますし、

信頼できる人とシェアしてみるのも
おすすめです。

「人生のストーリー」の捉え方は、
本当に人それぞれ。

だからこそ最高におもしろい!!

私は、そう感じています^^

明日も引き続き、
「人生のストーリー」が
「事業構築」と「商品開発」に
どうつながっていくのか?

というお話をしたいと思います。

みなさん、
今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました☆

またお便りしますね!

7日間の無料メール講座とメールマガジンをお届けします


関連記事

ブログカテゴリー