あなたにしかできない仕事で、お客様を幸せに導く

menu

女性の本来の強みを引き出す ビジネス・プロデュース

【ダイヤモンドプロダクト】家族の応援も反対も、すべては「自作自演」という話

みなさん、こんにちは!

起業家の内なる“gift”から
お客さまにとっての“価値”を生み出す
“愛”ある「事業構築」と、

世界でたった1つの
「オリジナル商品」づくりを徹底サポート!

自分ならではの“最高価値”を生み出し続けたい
女性起業家のための
【ダイヤモンドプロダクト】開発プランナー

おのともこ です。

いつもこのブログを、
お読みいただいていることに、
心より感謝しております^^

ありがとうございます!

【ダイヤモンドプロダクト】
開発フローについては、
こちらにまとめてありますので、
良かったらご参照くださいね^^

ダイヤモンドプロダクト開発フロー
(前半)
http://onotomoko.jp/archives/2037

(後半)
http://onotomoko.jp/archives/2097

昨日まで連載形式でお届けしていた
『家族に心から応援される、
起業の秘密♡』は、
けっこう好評でして、

何通かメッセージを
いただきました!

ありがとうございます^^

やっぱり、
特に女性にとっては、
身近な存在からの応援って
すごく大きいものなんだな〜と
改めて感じます。

我が家は夫婦2人の家庭ですが、
お子さんも含めた家族や、
近しいパートナーとの関係性の中でも、

お互いの自分にはない魅力や強みを
しっかりキャッチして、

相手への感謝やリスペクトを
言葉にして伝えることが、
すごくおすすめです♪

GWこそ、
身近な家族やパートナーと密に過ごし、
そういったコミュニケーションを図る
大チャンス!だと思うので、

ぜひお試しあれ!!

うちは
結婚して12年経つので、
ラブラブ感♡は正直薄いのですがw

”チーム家族“として
人生を共に歩む“同士”としての絆は、
年月が経つほどに
ますます強まっていると感じています^^

だからこそ、
コミュニケーションの積み重ねって
やっぱり大事だよねと思います!

みなさんが
すでに想いを持ってスタートされている事業、

また、
これから起業準備するという場合でも、

大切な家族やパートナーの存在は、
起業活動を超加速する
心強い追い風にもなれば、

逆に動きをストップさせ停滞させる
障害にもなりかねません。

最近は、
妻の起業や自由な活動を阻害する
という意味合いで、

「旦那ブロック」という言葉も
生まれているくらいですからw

じゃあ、
起業をスタートするにあたり、

どんな風に切り出したら、
心から応援される状況・環境が
つくり出せるのか?

ということについてですが、

「自分自身が、
起業することの”意義“や”価値“、
”重要性“を深く実感していること」

そして、

「自分が
”心からやりたい“ことだからこその、
腹のくくりができていること」

が重要だと、
私は考えています!

我が家の場合、
夫からは、比較的最初から
理解・応援されていた状況でしたが、

自分の親に起業のことを
初めて伝える時に、
すごく緊張していたことを
覚えています。

私の実家は、
典型的な昭和のサラリーマン家庭
でしたから、

「自分で起業するって、どういうこと?!」

というような
リアクションが予測されましたw

しかも、
私は母親へのコンプレックスから
関係をこじらせていた過去があったので、

自分から切り出すとなると、
なおのこと重〜い感じがしていたんですよ。

「あんたには、
そんなこと無理に決まってるでしょ!」

とか

「そんな危ないこと、やめときなさい」

と言われるだろうな〜という、
ネガティブなリアクションしか
想像できなかったですからね^^;

これまでの自分の人生を振り返ってみても、

自分自身が心から望み、
将来がどうなるか分からなくても
勇気を持って一歩踏み出してみる、
という経験はありませんでした。

でも、どんなに自分の中で
気持ちを反芻してみても、

将来に対する不安より、
自分の経験を誰かのために役立てたい!
そのために起業してみたい!!
という想いの方が、
やっぱり最後は勝つんですよね。

だから、
やっぱり誰になんと言われようと、
未来がどうなるかは分からなくても、
行動を起こしてみよう!

その気持ちを、
正直に伝えてみよう!!

と腹を括って、
母親に話しに行ったんです。

今振り返ってみると
なんとも大袈裟なんですがw

不退転の決意?!として、
個人事業主の開業届けを出したその足で
実家に向かい、

母に、これからは
会社員としてのキャリアではなく、
個人で起業して事業を構築していくことを、

私の中では、
それこそ決死の覚悟で伝えたのです。

そして、
それを話した時の母のリアクションは、

「ふーん。」

・・・以上!でした(笑)

(・Д・)⁈

ネガティブ・フィードバックwを
めちゃめちゃ身構えていた私としては、

え?!それだけ??
と拍子抜けしたのですが、

「お金のこととか、大丈夫なのね?」

「じゃあ、好きにしたら良いんじゃない?」

と、その後もアッサリ。。。

きっとめちゃめちゃ反対されるはず!
と、あらぬ妄想をしていたのは、
私だけだったんですね(汗)

でもあの時、
私がすごく不安そうな表情で、
「起業しようと思うんだけど・・・」
と伝えていたら、

母からのリアクションは
また違っていたかもしれません。

家族って、
大切な家族の一員が
トラブルなく幸せに過ごしてくれることを
シンプルに願っているのですよね。

母が気にしていたのは、
私が困ったり危険なことに
巻き込まれないかどうか?
幸せな選択ができているかどうか?
ということだけで、

私が自分の確固たる意思で
選んだキャリアであれば、
会社員でも起業でも
究極どちらでも良かった訳です。

ただ、そこに

「自分の中でも選択に自信が持てないし、
先々が不安・・・」

とか、

「どうせ、今の私には難しいだろうな・・・」

といった、
自分への信頼の不足からくる
ネガティブモードが見え隠れすると、

それを見た相手が、
その非言語の感覚をキャッチして
不安になるんですよね。

だから、
大切な家族や身近なパートナーに
話す時こそ、

自分の中で確固たる強い想いがあって
行動を起こそうとしていること。

そして、
考えられるリスクは何で、
それに対してはどのような対策を取っているか?

どんな計画で対応していくつもりか?

ということが、
きちんと伝わるように話して
安心してもらえるようにするのが
大切かなと思います^^

もし、みなさんが
これから話を切り出そうと
しているところならば、

こうした点を押さえておくのが
おすすめですよ!

そして、今現在
家族からの反対が強いのですが・・・
という場合には、

自分自身がどんな態度や表情で
相手にメッセージを伝えているか?

振り返ってみることを
おすすめします。

相手からの反対や引き止めというのは、
案外、自分の内面を映し出した
「自作自演」だったりすることも
往々にしてあります。

だから、
そんな起業初期こそ、
想いや信念を大切に、

しっかりとした事業の土台、
そして、
マインドの土台を固めていきながら、
じっくりと取り組んでいきましょう!

GW中ということで、
ここ数日、
ゆるっと読めるマインド面の
お話をしてきましたが、

明日からそろそろ、
通常運転に戻していきますね♪

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

また明日も、
ブログでお会いしましょう!!

7日間の無料メール講座とメールマガジンをお届けします


関連記事

ブログカテゴリー