あなたにしかできない仕事で、お客様を幸せに導く

menu

女性の本来の強みを引き出す ビジネス・プロデュース

「売れる人」と「売れない人」の違い

 

今、世の中にはたくさんの起業家がいますね。

その中でも、超売れっ子の人もいれば、そうでない人もいる。

起業に限らずどんな仕事でも、ビジネスをする以上「売れる」「売れない」ってあると思うのです。

 

私はフリーランスとしての活動をスタートする前の約10年間、アパレルの販売現場に向けた教育に携わっていました。

当然私自身も、販売員として長らく店頭に立っていましたし、1,000人以上の販売員を見てきた経験からも、

「売れる人」「売れない人」の違いがはっきりと分かります。

それは・・・

お客様の背景を想像できるか?できないか?

この1点に尽きます。

 

洋服を買いに行った時に、こんな販売員さんに会ったことはありませんか??

お店に入って、何かを見ようとした瞬間、

「それ、可愛いですよね~!今日入荷したばっかりなんですよ~!!

色は3色展開で、今なら全部揃ってます!試してみませんか??」

と、一方的なマシンガントークをしてくる人。

これ、売れない人の典型です(笑)

 

一方、売れる人は、

さりげなく、会話につながる声掛けでアプローチをします。

「最近暑くなってきたので、軽い素材のトップスが欲しくなりますよね!」とか。

しかも、ちょっと気になるな~と思って見ている、絶妙なタイミングで。

なぜ、このような違いが出てくるか?というと

上記のように、「お客様の背景」をしっかり汲み取っているからなんですね。

 

そもそも売れる販売員は、

自分の店に来るお客様がどんな人であるかを理解し、

お客様の来店前から、その時期やその日の、気分・心情を事前に予測しています。

その仮説をもって、目の前のお客様の様子を観察(内面を洞察)し、

いかに、その方の気持ちや心理状態にフィットしたお声掛けをするか?

熟考したうえで、アクションに移しているのです。

 

 

つまり、

売れるためには、事前の「お客様想像」が大事!

ということですね。

 

まず最初のお声掛けから、お客様の立場に立ってできる販売員は、

その後の商品提案もかなりの確率で精度が高く、機転の利いた接客をします。

お客様の背景を想像し、気持ちを汲み取った対応ができる人は販売力が高い。

=売れる人なのです。

 

もちろん売れるためには、もちろん他にも沢山の要素が必要な訳ですが、

一番大切な最初の1歩というのが、これだと私は思います。

 

私の経験から、アパレル販売員の例を出しましたが、

フリーランス起業でもやっぱり、お客様をどれだけ想像できているか?が重要ポイントになると思います。

売れる=お客様から支持を頂く。ということですからね!

私もまだまだ修行中ですが、常にお客様のことを想像しながら仕事をすることを、改めて大切にしていきたいと思います♡

 

 

7日間の無料メール講座とメールマガジンをお届けします


関連記事

ブログカテゴリー