あなたにしかできない仕事で、お客様を幸せに導く

menu

女性の本来の強みを引き出す ビジネス・プロデュース

封印していた「母との関係」

みなさん、こんばんは!

おのともこです。

ここ数カ月の気づきシリーズ。

だんだん連載風になってきましたが^^;
今日も綴っていきたいと思いますので、
ぜひお付き合いいただけると嬉しいです!

 

シリーズのバックナンバーは、こちらから読めます!

『おのともこ ”第2の原点”STORY』

 

身近な大切な家族を相次いで見送り、
強制ストップがかかった状態で
仕事の仕方を根本から見直すことになった
私ですが、

そこで、あることに気づきました。

それは、

高い目標を自分に課して、
その達成に向けて極限まで頑張り
そして疲弊して立ち止まる。

・・・というよりも、
動けなくなって強制終了になる(汗)

このパターンって、
会社員時代に
頑張り過ぎてメンタルを崩した頃から、
ずーっと繰り返している現象なんじゃないか
ということ。

頑張り過ぎる仕事の仕方から解放されたくて、
自分や家族を大切にしたいから
フリーランス起業を選んだはずなのに、

環境が変わっても
毎回同じパターンを繰り返してしまう。

別にね、私も
やりたくてやっている訳ではないんですよ^^;

でも、
何かに駆り立てられるように、
自分を追い込んで挑戦を重ね、
そして身心ともに疲れ果てる。

こればっかりは、
無意識にやってしまうので、
止められない。

まさに
「分かっちゃいるけど、やめられない」
という状態なんですよね。

そんな時、
起業仲間のセラピストさんから

「ともちゃんの頑張り方は
なんか気になるんだよね・・・」

と言われて、
ずっと目を背けようとしていた問題を、
改めて直視せざるを得なくなりました。

それは・・・

*****

母親との関係

*****

でした。

実は、起業を志す前から
母との関係にネックがあるということは
薄々自覚していましたし、

私が心理学の勉強を始めて
一番最初に行き当たったのも
このテーマでした。

だからこそ、
起業する前から
何度も自分と向き合って、

カウンセリングやセラピーを受けたり
セルフワークをやったりして、
その問題を解消しようと
トライしてきました。

その甲斐あって、
会社員当時の
うつ状態になるくらいまで
自分を追い込むことは無くなりましたし、

自分の心の動きについても
かなり俯瞰して見ることができるように
なってはいたんですね。

だから、
日常生活ではトラブルなく
どんどん生きやすくなってきて、
もうすっかり問題解決したつもりでいたんです。

でも、
土壇場になると
どうしても「頑張りグセ」が発動してしまい
息苦しさを感じてしまう・・・。

それはもう、
無視できない状況でした。

だから、去年1年間
相当ビジネスを頑張って走り抜け、
一度立ち止まったこのタイミングで

改めて自分の内面に目を向けてみようと
決意しました。

具体的には、
親子関係に起因した生きづらさを解消する
継続的なセッションを
受けることにしたんです。

過去を振り返ってみると、
私は、小さい頃からずっと
いわゆる「いい子」として育ってきました。

母は、
その年代としては珍しい
理系総合職の優秀なタイプで、
いわゆる“教育ママ”。

その母の期待に応えるため、
小学校のお受験に始まり
学校や塾の勉強は相当頑張りましたし、

世間一般的には名の知れた
「有名大学」や「大手企業」にも入ることができ、

母の意向に沿って、
敷かれたレールから逸れることなく
生きてきました。

学生時代全般を通して、
何か大きなトラブルを起こすこともなく、
成績は安定的に上位をキープ。

会社でも、
上司に期待されることは
何でもソツなくこなせるし
そこそこの実績を出せるので
重宝されました。

でも、
「~した方が良い」「~すべき」といった
外的な基準に合わせることは得意でも、

「自分は本当に何をしたいのか?」
という夢や目標を持っていない
というのが、
ずっとコンプレックスだったのです。

そして、
自分の意思や欲求ではなく、
他者の期待や評価に合わせて
求められる役割や仕事を必死に頑張るうちに
メンタルのバランスを崩してしまったことで、
内面の問題が顕在化することとなり、

それが結果的に
正社員から契約社員への
キャリアシフトのきっかけとなりました。

そこから心理学やコーチングを学び、
本当の自分は何をしたいのか?
どんなビジョンを叶えたいのか?
という、自分の内的な動機に
フォーカスできるようになり、

初めて、自分が心からやりたい!
と感じた女性のキャリア支援の仕事で
起業することができました。

夢や希望を持ちながら
ワクワクする仕事をして、
大好きなクライアントさまの
サポートをすることは
本当に楽しかったです!

自分らしさを最大限に生かして
自由なスタイルで働く
起業という選択をして良かった!!
と、心の底から思いました。

でも、
キャリアコーチングから
ビジネス支援へとテーマをシフトし、

自分とクライアントさまの
目に見える(数値的な)
成果や結果を出すことに
コミットし始めてから、

だんだんとそこに
プレッシャーを感じるようになったのです。

それまでも、
心理学・コーチング・ビジネス構築と
かなり学びを実践してきた私でしたが、

さらに学びの幅を広げて、
インプットと実践を通して
クライアントさまに提供できるものを
増やそうとチャレンジを
重ねていきました。

私にはまだ経験と実績が足りないから、
もっともっと実力を付けて
貢献していかなければ!
と、力が入っていたんだと思います。

自分で言うのもなんですが、
私はどんな起業塾に行っても、
そこそこ評価を受けるような
成果・結果を出すことができますし、

自分の中でも、
そのコミュニティの先頭集団?
(率先して成果を出すような)
に入っていなければ気が済まない!といった
変なプライドのようなものがありました^^;

でも、そこを意識するあまり
自分でも気づかないうちに、
物事の判断基準が
周囲からの評価や承認という
外的なものに傾いていってしまったのですね。

会社員ではなくなり、
フリーランスという立場になって
環境も状況も全く変わったのに、

気づけば、
もういい加減卒業したつもりでいた
「いい子ちゃん病」を発症し、
苦しい頑張り方を
自ら選択していたなんて・・・。

そして、
その根本である母との関係を
未だこじらせていたなんて・・・!!

そこに何年も向き合って
自分なりに解消してきた
自負があったがゆえに、

それに気づいた時のショックは
相当なものでした。。。

なんで私ばかりが、
何回も何回も
ここに立ち向かわせられるんだろう・・・と、

神様を恨めしく思いながらも、
私は継続セッションを受けることにしました。

この後も
まだまだ書いていきたいことは
てんこ盛りなのですが(笑)、

読むのも疲れるボリュームになりそうなので
今日はこの辺で^^;

明日は、
37年間(!)もの間こじらせてきた
「母との関係」に、
私が取り組んだプロセスを
具体的にシェアするつもりです。

少しでも参考になれば嬉しいなと思うので、
良かったら引き続き
お付き合いください!

みなさん。
いつも読んでいただき、
本当にありがとうございます☆

また明日も、お会いしましょう!

7日間の無料メール講座とメールマガジンをお届けします


関連記事

ブログカテゴリー